ダイヤモンドからデジ簡用八木アンテナA350S5Ⅱが発表


ダイヤモンドからデジ簡用の八木アンテナがリニューアルして発表となりました。
すでに発売されている5素子の八木アンテナは、業務局はもちろん、多くのフリラの方からも支持されており、自宅や移動運用に大活躍しています。
今回発表されたのは、デジ簡用の5素子の八木アンテナ「A350S5Ⅱ」となっています。

性能などは従来のA350S5と同じですが、構成するパーツの入手が難しくなってきたようで、新しいパーツに対応すべく、設計自体を変更して型番がリニューアルとなったようです。
いままでの他社製品では、パーツが入手できなくなると製造完了となるケースがありましたが、5エレ八木アンテナの製品自体は存続することになったので、ユーザーとしては一安心という所ではないでしょうか?
メーカーによっては「予告なく変更・・・」ということもあるようですが、ダイヤモンドのメーカーとしてユーザーに設計変更を知らせるというスタンスには大賛成です。

プレスリリースを見てみよう

<仕様>
●型番 A350S5Ⅱ
●価格 ¥27,400(税別)
●発売日 2020年11月初旬
●寸法 420mm × 1400mm(最大エレメント長 × ブーム長)
●形式 八木アンテナ
●利得 11.15dBi
●最大エレメント長 0.42m
●ブーム長 1.4m
●回転半径 1.35m
●受風面積 0.07㎡
●重量/接栓 1kg/M-J
●適合マスト φ32~φ60


ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2,049人の購読者に加わりましょう

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク