BIG RED ONE を補足・追跡セヨ!


たまには息抜きでクリスマスネタでも書いてみようかと思います。
季節の行事としては有名なクリスマスですが、アメリカのNORADではサンタクロースのリアルタイム追跡を行っているのはご存じでしょうか?

Follow Santa Claus as he makes his magical journey around the world!

NORADの特設サイトはこちら↑日本語にも対応しています。
ちなみにサンタのコードネームは「BIG RED ONE」と呼称されています。

政府機関によるリアルタイム・サンタ追跡

まずサンタの追跡を行っている政府機関はアメリカの北米航空宇宙防衛司令部(NORAD)と呼ばれる機関です。
ではなぜ、政府機関がサンタを追跡するようになったのかですが、ことの発端は1955年に遡ります。
アメリカはコロラド・スプリングスに拠点を置くシアーズ・ローバックという会社が、子供向けのサービスで「サンタへの直通電話」を開設しました。
そのサービスの広告を行ったときに誤った弁和番号を表記してしまったのです。
その誤った電話番号というのが、なんと中央防衛航空軍基地(CONAD)の司令長官へのホットラインへの番号だったのです。
全米の子供たちからCONADへはサンタがどこにいるんだという電話が集中したそうです。
その当時の司令長官だったハリー・シャウプ大佐は、その子供たちのためにサンタが北極から南に向かった形跡がないか部下にレーダーで確認させ、サンタの現在位置の最新情報を子供たちに伝えたということです。
その後、1958年にアメリカとカナダ両国は「北米航空宇宙防衛司令部(NORAD)」という北米防衛機関を設立、それがサンタの追跡業務を引き継いで今日に至るということです。


▲ハリー・シャウプ大佐と電話番号が間違って掲載された広告


▲NORADでは今でも電話による問い合わせに対応しています。

サンタの追跡はアメリカとカナダ政府の連携だった

サンタの追跡はレーダーやGOESと呼ばれる人工衛星や戦闘機などで行っているようです。
追跡方法ですが、まず宇宙から赤外線を感知さ売ることができる人工衛星でサンタが率いるトナカイの赤い鼻からでる熱を感知することから始めます。

その後、1998年に運用を開始したハイテクの高速デジタルカメラ「サンタカム」でサンタの姿を静止画および動画でとらえます。

画像を捉えると同時に登場するのがカナダ空軍の戦闘機です。
カナダ空軍では戦闘機のCF-18を使用してサンタをエスコート、サンタがアメリカの領空に入ったところでアメリカ空軍のF-15、F-16、F-22に追跡およびエスコートを交代します。
サンタは天候などで、ルートを変えるということですが、NORADによって常に位置は把握されているということです。

NORAD Tracks Santa 2019
NORAD Tracks Santa Command Video 2013

最近だとNORADのサイトのほかにもFlightRader24でもサンタが補足されているとの情報もあります。

The world’s most popular flight tracker. Track planes in real-time on our flight tracker map and get up-to-date flight status & airport information.


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク