ダイヤモンド製品が平均10%の価格改定を予定

ダイヤモンドのブランドでアマチュア無線家はもちろんのこと、フリラにも定評ある第一電波工業が平均10%の価格改定(値上げ)を予定していることがわかりました。
価格改定される製品は、モービルアンテナ、固定用アンテナ、ケーブル類各種、SWR計、基台、アクセサリーなどの約150製品にもおよび大変多岐に渡ります。
価格改定は2019年6月1日を予定しているとのことですが、気になる製品がある方は、販売価格や価格改定される期日など必ず製品購入前に販売店に相談してください。

フリラ向けの製品はどうなるのか?

気になる価格改定ですが、フリラ向けの製品について調べてみました。

デジタル簡易無線用アンテナ(351MHz)

AZ350S価格改定の予定なし
AZ350MSP価格改定の予定なし
MF350価格改定予定
M350MRH価格改定の予定なし
M300MRDU価格改定の予定なし
MR350価格改定の予定なし
MR350S価格改定の予定なし
Z350S価格改定の予定なし
SRH350D価格改定の予定なし
SRH350DH価格改定の予定なし
SRH350DS価格改定の予定なし
300MVDU価格改定の予定なし
350MVH価格改定の予定なし
SE350価格改定の予定なし
A350S5価格改定の予定なし

▲デジ簡用アンテナについてはMF350以外は、今回の価格改定のタイミングでは値上げの予定はないようです。フリラの方に多く使用されているハンディーホイップの「SRH350DH」や、八木アンテナの「A350S5」についても今回のタイミングでの価格改定はなさそうです。

デジタル小電力コミュニティ無線用ハンディホイップアンテナ(140MHz帯)
●SRH140DH 価格改定の予定なし

スピーカーマイク
●MS800シリーズ 価格改定の予定なし
●MS900シリーズ 価格改定の予定なし

SWRメーター
●SX600 価格改定予定
●SX400 価格改定予定

外部アンテナの使用できるデジタル簡易無線(デジ簡)は遠距離の交信や、モービルや自宅に外部アンテナを建てて交信できるのでフリラの方に人気があり...

フリラへの影響は少ない

価格改定の予定を調べてみると、フリラ関連の製品についてはあまり価格改定の予定はないようですが、SWR計やモービル用のアンテナ基台などアマチュア無線家向け製品であってもフリラの方も使用する製品は価格改定が予定されているようです。
高価な製品ほど販売店での実勢価格にも大きな影響が出るので、2019年6月1日に価格改定予定という話ですが、早い段階で販売店へ問い合わせや注文を入れておいた方が良さそうです。

※上記のデータについては編集部が独自に調査したものですので、実際の価格や価格改定時期、製品のラインナップなどの詳細については、製品の購入前に必ず販売店にお問い合わせください。
価格改定される製品のラインナップについては変更される可能性もあります。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク