ロシアでトランシーバーアプリZelloが禁止されたようです

毎日目が離せないロシアの情勢ですが、ロシア国内で、暗号化トランシーバーアプリの「Zello」が禁止されたようです。
禁止した理由は「ウクライナへの軍事作戦に関する誤った情報の拡散を防止するため」としているようです。
Zelloは元々、ロシアで開発されたアプリですが、現在は活動拠点をアメリカへ移しています。
ロシア国内ではZello へのアクセスもできなく照っているとの情報もあります。
Zello自体は、ロシアがウクライナへ侵攻を開始してから、ウクライナ国内では需要が高まっているようです。

スポンサーリンク

IPアドレスとドメインをブロック

ロシア政府としてはZello の通信を遮断するために、約1500万ものIPアドレスをブロックするように、ロシア国内のプロバイダへ指示しましたが、ブロック対象のIPアドレスのほとんどがアマゾンが管理するものであったため、アマゾンからZelloに対して「Zelloでアマゾンのサーバーを使用しないように依頼」現在はGoogleのサーバーを経由してZelloのサービスは提供されているようです。
これに対して、。ロシア政府はGoogle が管理する286のIPアドレスと285のドメインをブロックするように、ロシア国内のプロバイダへ指示を出したようです。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2,053人の購読者に加わりましょう

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク