アルインコが新概念の特小マルチレピーターDJ-P113Rを発表


アルインコから、新しい特小レピーターが発表になりました。
特小レピーターと言っても今までのタイプとは異なり、トランシーバー機能を搭載し、メーカーでは「全部入り」と表現している新概念の特小レピーターとなっています。

型番:DJ-P113R 屋内設置専用
発売予定:2021年4月下旬
価格:オープン

スポンサーリンク

DJ-P113Rは全部入りマルチレピーター

今回発表となった特小レピーターのDJ-P113Rは、今までに無い新概念を採用して、中継機でありながらもトランシーバー機能を搭載しています。
そのため、直接マイクを接続して、子機に頼ることなく電波をDJ-P113R単独でも発射可能としています。

DJ-P113RはDJ-R200Dに匹敵する送受信性能

DJ-P113Rは特小レピーターとして当初は開発されていました。
DJ-P111Rの屋内用特小レピーターの後継と開発がすすむなか、アルインコの開発スタッフは、「あれも、これも」と言った具合に機能を盛り込んでいったと言うことです。
その結果、できあがったのが、「超多機能レピーター&トランシーバー」と呼べるDJ-P113Rという製品となって結実したということです。
無線機としての性能も、DJ-R200Dに勝るとも劣らない性能を、アルインコ社内のフィールドテストではたたき出していると言うことなので、基本的な性能面でも必要にして十分と言ったところでしょうか。
DJ-R200Dはハンディー機と言うことで、アンテナが1本ですが、DJ-P113Rは、中継機として開発された側面があるため、装備されるアンテナが420MHZと440MHZの2本搭載されていることからも中継機としての性能が高いことがうかがえます。


▲DJ-P113Rは特小レピーターでありながらもシンプレックス運用にも対応することから、多数の特小機で構成されたネットワークの中核としてシステムを構築することができます。

DJ-P113Rシンプレックスでも使える

DJ-P113Rは中継機のような形状をしていますが、動作としては「中継機も使える特小機」という表現の無線機になっていました。
以下にDJ-P113Rの特徴をまとめてみました。

・特小無線の交互通話、無線連結交互通話の中継に対応します。

・現在特小で弊社が採用するすべてのモード(交互、中継子機、2・3・4者間同
時)で基地局トランシーバーとしてお使いになれます。
DJ-R200Dに匹敵する、40を超えるセットモード項目を備えた本格的なトランシーバーです。通話エリアもフィールドテストでDJ-R200DLに勝るとも劣らない結果が出ています。

・中継器として運用中も、マイク(内蔵、またはオプションどちらも使用可能)から中継と同じCHで通話可能、ダウンリンク中の信号に音声をかぶせる「割り込み送信」もできます。

・液晶と操作ボタンを採用、リモコン無しで簡単に設定ができるほか、おなじみの
ACSHで交互中継CH設定済のトランシーバーを送信させて自動設定もできます。

・アルインコ特許の「お願いコール」を初採用致しました。
「このチャンネルは混み合っています。チャンネルXXへの変更をお勧めします。」と音声でガイドします。
BやLを使わない、他社のチャンネル表示にも対応するようです。

この機能をONにするとバックグラウンドで中継CHを自動スキャン、空いたCHを見つけておくもので、複数の受信回路を持つDJ-P113Rならではの仕様です。

・壁掛け、固定両用に使えるスタンドとマイク用のオプションハンガーが付属、天井近くに設置しても5mケーブル付きのEMS-501スピーカーマイクで通話できます。

・内蔵スピーカーの音声出力は余裕の3W、需要の多い特小無線モニター(厨房、店舗の事務所スペースなど通話はしないが職員の交信を常にモニターしたい用途)としても最適です。


▲DJ-P113Rは、デスクトップのスタンドとしても使える壁掛けブラケットと、マイクなどのオプションを掛ける金属製ハンガーが付属しています。

DJ-P113Rの定格とオプションアクセサリー

<定格>
●使用チャンネル:421/422/440MHz 47ch
●電波型式:F3E、F1D
●送信出力:10mW/1mW ●受信感度:-14dBu(12dB SINAD) ●音声出力:3W以上(本体スピーカー:4Ω)/400mW以上(外部出力)
●通信方式:単信、半複信、複信
●定格電力:DC6.0V(DC IN)/3.7V(別売Li-ionバッテリーパック)
●消費電流:
・送信時75mA(High)/65mA(Low)
・受信最大出力:1.5A
・受信待ち受け時:83mA
・バッテリーセーブ時:28mA
●動作温度範囲
・運用 ₋10℃ ~ +50℃
・充電 0℃ ~ +45℃(別売EBP-60が必要)
●寸法:高さ94.5 - 幅200 - 厚さ50.4mm
●質量(約):本体318g(ACアダプター別)/ハンガーのみ64g/スタンドのみ34g

<オプションアクセサリー>
EBP-60 リチウムイオンバッテリー (3.7V/1200mAh)¥5,500(¥5,500)EDC-122 ACアダプター (付属品のスペア)¥3,080(¥2,800)
EME-32A イヤホンマイク カナル型 ¥6,600(¥6,000)
EME-48A イヤホンマイク 耳かけ型 ¥6,600(¥6,000)
EME-64A ヘッドセット ¥11,000(¥10,000)
EMS-62 スピーカーマイク ¥3,850(¥3,500)
EMS-500 防水スピーカーマイク ¥16,500(¥15,000)
EMS-501 防水スピーカーマイク 5mケーブル ¥19,800(¥18,000)


ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2,053人の購読者に加わりましょう

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク