【動画紹介】鳶職人が語る「現場の必需品」特小機について

アイコムの特小機、IC-4088Dを実際の仕事で使用している鳶職人の方が、その有効性などを動画にされていましたので紹介します。

ここに色々と書くよりも、まずは動画をご覧頂ければ、業務機としての特小機が誰でも使える便利な無線機であることが理解できると思います。

スポンサーリンク

現役の鳶職人が語る動画紹介

【アイコム4188D特定小電力トランシーバーの必要性】

現場でも、大きな声を出してのコミュニケーションが難しくなってきているようで、そんなときに特小機が活躍していると言うことです。

メーカーが違っても交信可能です

特小機は無線機メーカー以外からもたくさんの種類が発売されていますが、基本的に特小であれば、メーカーが違っても、動画で説明している同時通話のような特殊な交信方法でない限り、お互いに無線機としては交信できます。
ただし、メーカーや機種によってチャンネル表示がまちまちなので、同じチャンネル設定にしたからと言って交信できるとは限りません。
異なったメーカー間の無線で交信する場合は、事前に交信チェックをしてチャンネルを合わせて使うようにしましょう。
特小機は様々な現場で使用されているので、使う予定がなくても、現場に持って行ってみてはいかがでしょうか?

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2,053人の購読者に加わりましょう

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク