第一電波から28MHz帯アンテナBIC10Hが300本限定で復活!


第一電波工業(ダイヤモンド)から28Mhz用アンテナの「BIC10H」(ビック・テン・エッチ)が生産数限定で復活します。
今回復活するのは300本のみの限定生産です。
かなり以前からある歴史あるモデルですが、今回は夏場のEsシーズンに合わせるかのように限定生産となります。


BIC10Hはセンター・ローディング・タイプのアンテナで耐入力が「1KW(FM)」というのも特徴です。
200w以上の出力が免許されているハイパワー局のサブアンテナで使用するなど、使い方も色々あると思います。
アパマンハムのベランダアンテナとしても使用できます。

また出力200W以下の免許であっても、SSTV、RTTYなど連続で200wの入力できるBIC10Hであればデューティー比の高いデジタルモードや29MHz帯のFMなどの運用でも安心して使用できますね。
BIC10Hはノンラジアルタイプではないので、使用する場合はしっかりとアースをとる必要があります。
300本のみの限定生産ということなので、今回のチャンスを逃すと次回の生産はいつになるかわかりません。
発売時期は2020年7月ということです。
価格や納期など、BIC10Hが気になった方は販売店にお尋ねください。


▲全長が1.9mあるので、ハイパワー局のサブアンテナにもぴったりです。

<仕様>
周波数:28MHz
全長:1.9m
重量:1.2kg
インピーダンス:50Ω
耐入力:1KW(FM)
VSWR:2.0以下
接栓:M型
 

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,985人の購読者に加わりましょう

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク