アイコムから無線LAN接続できる防水・防塵の赤外線暗視機能付きIPカメラが発表


今回発表されたのは無線LANでネット接続できる、防水・防塵仕様の赤外線暗視機能付きIPカメラの「VE-CAM10」シリーズです。
VE-CAM10はバレット型のVE-CAM10とドーム型のVE-CAM10D、そしてIPカメラビュワーのST-CAM10で構成されている製品群となります。

主な特徴

メーカーがアナウンスしている主な特徴は以下の通りです。

<おもな特長>
●IEEE802.11b/g/n 規格準拠のワイヤレスIPカメラ。
●屋外設置も可能な、高度な防塵・防水(IP67)仕様。
●設置場所に応じて選べる2タイプ(ドーム型/バレット型)をラインナップ
●赤外線撮影による暗視機能を搭載し、夜間や無灯下での室内でも撮影可能。
●映像・画像を記録するSDカードを搭載可能。

VE-CAM10 / VE-CAM10D ¥34.800+税 5月下旬発売予定
ST-CAM10 無償ダウンロード 5月下旬よりダウンロード可能

VE-CAM10およびVE-CAM10DはIEEE802.11b/g/n 規格の無線接続に対応した200万画素、赤外線暗視機能付きIPカメラです。
防水・防塵機能はIP67相当、使用温度は-10℃~+60℃、さらに高出力のIR-LED(赤外線 LED)を搭載し、夜間や消灯状態の室内でも鮮明な映像を撮影することができます。
IR-LEDのON/OFFの切り替えは自動で行いますので、設定を変更する手間もかかりません。 


▲VE-CAM10およびVE-CAM10Dの接続例、専用アプリはもちろん、PCのwebブラウザーでも映像を確認できます。

IPカメラビュワーのST-CAM10は同一LAN上にあるIPカメラの映像確認や、ネットワークビデオレコーダーに録画した映像再生が可能でAndorid、iOS、iPadOSにも対応し、多彩なデバイスで映像監視が可能となっています。 

▲ST-CAM10のアプリ画面の一例


▲昨年(2019年)開催されたDSEIでのアイコムブースでVE-CAM10Dが展示されているのを編集部のカメラはメーカー発表を前にすでに撮影していました。システムとしてビル間通信ユニットのSB-900と組み合わせてデモを行っていました。


ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2,049人の購読者に加わりましょう

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク