アイコムが無線機の消毒方法を解説しています


アイコムといえば世界的な無線機メーカーとしてご存じだと思いますが、そのアイコムが無線機のアルコール消毒について詳しく解説していましたので紹介したいと思います。
時期が時期だけに、無線機といえどもアレの感染が心配ですよね?

無線機の洗浄について

以下の内容についてはアイコムの情報を転載しました。
内容に変更などがある場合も考えられますので、文末にある関連リンクから必要に応じてご確認ください。

アイコムのwebより転載

新型コロナウイルスの感染予防のため、無線機本体を消毒用アルコールで洗浄する方法についてご案内します。
なお、より安全を期すために、製品の利用前後に手を消毒していただくことをおすすめします。

〇消毒用アルコール(水で希釈した濃度70%~80%程度の市販イソプロピルアルコール) の使用について

消毒用アルコールは、樹脂部品を痛める可能性がありますが、その可能性を小さくする方法として以下の手順をご紹介します。

  • 発熱・故障を防ぐため、無線機の電源をオフにして作業してください。
  • 乾いた柔らかい布に含ませ、無線機の表面をやさしくぬぐってください。
    × 直接溶液を塗ったり、散布したり、溶液に浸したりしないでください。
    × アンテナや表示部の透明アクリル部への使用は、できるだけ避けてください。
  • 本体が十分乾いていること確認してから使用・充電をしてください。
※ご留意いただきたい事項
●すべての消毒用アルコールに対応することを保証するものではありません。あらかじめ製品の目立たないところでお試しいただくことをおすすめします。
●ご使用になる消毒用アルコールの注意事項も併せてご確認ください。
●万一、消毒用アルコールが原因で製品が損傷したり故障したりした場合、修理や部品の交換などにかかる費用はお客様のご負担となることがあります。

〇次亜塩素酸ナトリウム(漂白剤)、洗剤類の使用について
希釈したものであっても、使わないでください。損傷、劣化の原因になることがあります。

<通常のお手入れ(汚れ落とし)について>
乾いたやわらかい布で汚れをふいてください。また、汚れがひどいときは、水を含ませたやわらかい布をかたく絞ってふいてください。

※洗剤や有機溶剤(シンナー、ベンジンなど)は、絶対に使用しないでください。 損傷や塗装剥がれ、劣化の原因になることがあります。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,959人の購読者に加わりましょう

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク