無線機メーカーや販売店にも新型コロナウイルスの影響が…


アマチュア無線家向けのイベントも中止に追い込むほど猛威を振るっている新型コロナウイルス(COVID-19)の脅威が、無線機メーカーや無線機販売店にも深刻な影響を与えつつあるようです。
そこで編集部では、無線機メーカーや無線機販売店に取材を急遽行い、その影響などを調査してみましたので報告したいと思います。
報告の方法は、個別にメーカー名や販売店名などをあげずに、それぞれの立場での対応をまとめて報告したいと思います。

無線機メーカーの影響

各メーカー担当者は、製品の在庫数や生産数、市場の動向などが密接に関係してくる問題なので、具体的にどの機種の生産に影響がでるという類の回答はありませんでした。
今のところ直接の影響は出ていないという回答ですが、状況は日々刻刻と変化しているため、製品を製造する上での必要なパーツの調達に対応している、という見解が多くのメーカーから回答が得られました。
無線機のパーツといえども中国に依存する部分もあるようなので、中長期的な視野でみると製品の出荷の遅れなどが発生する可能性もゼロではないという一部のメーカーからの意見もありました。
すでに、各メーカーの購買担当はパーツの入手に向けて必死に動いているようです。
取材を行ったメーカーの多くで、パーツ調達などでは水面下で動いているので、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響はすでに出ているといっても過言ではないという感触を得ました。

販売店の影響

無線機の販売店の見解は店舗によってそれぞれ違っていました。
特にアマチュア無線機を扱っている販売店では、店舗への来客数が減少しているという声もあったのですが「今のところ影響はあまりない」という楽観的な意見が多かった一方で、業務機を扱ってる販売店では危機感を持っているところも少なくありませんでした。
一部の業務機販売店では、顧客に対して「今後は無線機や周辺機器などの出荷の遅れなどが予想されるので、必要なものは今のうちに注文してほしい」という連絡を行っているところもあるようです。
確かに販売店としては、メーカーからの出荷が遅れているという連絡が来てからでは、顧客に対しての対応が後手に回ってしまうので「先手を打って」対応せざるを得ない状態だと思われます。


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク