ハムフェア2019事前イベント情報


今年もアマチュア無線家の祭典、ハムフェア2019が8月31日から9月1日の2日間にわたって開催されます。
そこで、今回はハムフェア2019や会場周辺で予告されているイベントについて調べてみました。


▲ハムフェア2018で、記念局8J1HAMの第一声の運用を行う高尾JARL会長(JK1KTC)。

まずはJARLから

JARL(一般社団法人日本アマチュア無線連盟)のキャンペーンから紹介します。
今年で43回目の開催となるハムフェアは「世界がともだち!アマチュア無線!!」がキャッチフレーズです。
そこでJARLが会場で行っているキャンペーンが2つあります。
2つとも会場でJARLへの入会が条件となっています。(お試し入会は除く)

入会受付ブースで新規入会すると入場整理券を贈呈

入会受付ブースで新規入会された方の中から抽選でハンディー機をプレゼント

の以上2つのキャンペーンです。
新規入会した場合の入場整理券にはIDストラップもついてくるようです。

詳しくはweb「ハムフェア2019インフォメーション」で確認してください。

ちなみにハムフェア2019は以下の方は入場整理費が無料となります。
小学生・中学生・高校生・大学生(22歳未満)・女性

すでにJARLの会員の方は以下の通りの入場整理費となります。
会員料金1000円(本人会員証提示)※ライフメンバー会員証含む。

なお、小学生・中学生・高校生・大学生(22歳未満)・女性の方であっても基本的に入場整理券は必要となるので、チケット売り場もしくはチケット交換所で入場整理券を受け取る必要があると言うことです。

特典を更にもらうための裏技紹介です。
●ハムフェア会場でJARLに1年以上の期間の入会申し込みをすると入会金(1000円)が無料

●すでに入会している方の紹介で、新たに入会申し込みを行うと紹介者に500円分のQUOカードプレゼント

●3年入会を申し込むと、入会された方に1000円分のQUOカードプレゼント

もしJARLの入会を検討していて、ハムフェアに来られるという方は、ハムフェア会場で入会申し込みしてはいかがでしょうか?

イベントコーナーでのJAIAタイムの公演

JARLの次に紹介するのは、イベントコーナーでの講演の内容です。
今年のハムフェアでも公演は色々と予定されているようですが、今回はJAIA(日本アマチュア無線機器工業会)が受け持っている時間帯の講演内容がわかりました。
講演のタイトルは「作ろう!お手軽UHFアンテナ大研究」というものです。
講師はコメット株式会社の設計開発部・野崎 正明氏が受け持つとのことです。

【内容】
430MHz帯のシンプルでちょっと変わったアンテナの作り方を紹介します。
さらに、自作したアンテナを測定するツールとして有用なアンテナアナライザーの機能と使い方について解説します。(430MHz帯のちょっと変わった自作アンテナの紹介と、アンテナアナライザーの機能と使い方を解説します。)

当日作り方を紹介していただけるアンテナは来場者の来てのお楽しみということなので、アンテナの自作派は覗いてみてはいかがでしょうか?

講演の日時は以下の通りです。
2019年8月31日(土)14:00~14:50

アイコムのブース内キャンペーンが判明!

アイコムではハムフェア開催中に「D-STARトランシーバーを持ってハムフェア2019へ行こう!」と題してブース内でキャンペーンを開催します。

イベントの内容は、D-STARトランシーバを持って行くと,アイコムのロゴ入りカラビナをキャンペーンでもらえるというものです。


▲実際にキャンペーンでもらえるカラビナ

プレゼントの受け取りには、JAIA(日本アマチュア無線機器工業会)加盟メーカーのD-STARトランシーバーとハムフェア入場券(または出展者証) を提示すればOKとのことです。
ちなみにハムフェア2019でのアイコムのブース番号はD-01です。

キャンペーンの日程・時間は以下の通り
2019年8月31日(土) 11:00~17:00
2019年9月01日(日) 11:00~16:00

詳しくはwebの「D-STARトランシーバーを持ってハムフェア2019へ行こう!」で確認してください。

ケンウッドの展示予定が判明した

ハムフェア中のイベントではありませんが、ケンウッドのハムフェア2019での出展予定が入ってきましたので報告です。
ケンウッドから以下のように展示予定の製品の案内がありました。

1.DX’erの実戦運用に応えるHF/50 MHzトランシーバー「TS-890」
「TS-990」に搭載した数々の技術を継承させた同機に次ぐハイエンドモデル。DX’erの実戦運用に応えるハイエンドトランシーバー「TS-890」を展示。「TS-990」譲りの基本性能と質感を兼ね備えた高級実戦機を体験いただきます。また、ブース内ステージでは本機の使いこなしについてプレゼンテーションを実施します。

2.HF帯アマチュア無線機のフラッグシップモデルHF/50MHzトランシーバー「TS-990」トップクラスのDX’erをターゲットとするHF帯アマチュア無線機の当社フラッグシップモデル「TS-990」を展示。デュアルレシーバーの搭載やフルダウンコンバージョン構成などによるシリーズ最高の受信性能を備えた最高級モデルを体験いただきます。
3.普及価格帯クラスの実戦機HF/50MHzトランシーバー「TS-590G」

入門者からDX’erまで幅広いユーザーを対象とする普及価格帯クラスの実戦機として、高い受信基本性能を備えた「TS-590G」を展示。操作や受信性能を体験いただきます。

4.HF / FM / 特定小電力トランシーバー、デジタル簡易無線機(登録局)の各種ラインアップを展示

5.データ通信システム「APRS」対応モデル体験コーナー
データ通信システム「APRS(Automatic Packet Reporting System)」対応モデルを展示。アマチュア無線を使ったデータ通信の世界を体験いただきます。(展示予定機種:「TH-D74」「TM-D710G」)


▲今年のKENWOODブースはこんな感じみたいです。

ハムフェアCBersミーティング2019も開催決定

最後に紹介するのは「ハムフェアCBersミーティング2019」のお知らせです。
開催日程は以下の通りです。
ハムフェアCBersミーティング2019はハムフェア会場以外で開催される場外イベントとなります。

開催日:8月31日 14:00~17:00
場所:TFTビル東館9F 910会議室
受付は当日会場にて行うとのことです。
当日はイワテB73氏によるコールブック2019の配布が予定されているようです。


▲タイムスケジュールが公開されていました。イベント終了後、会場の原状復帰への協力が呼びかけられています。(詳細については変更になる可能性がありますのでご注意ください

ハムフェア参加報告 8月25・26日に行われたハムフェアの参加報告です。 少し遅れてしまいましたので、他のブログや動画などで紹介されてい...

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク