アイコムからIP無線機用スピーカーフォンユニットが発表!

アマチュア無線はもちろん、フリラ用の無線機でも定評あるアイコムからIPトランシーバー(IP500H/IP501H/IP502H)に対応したスピーカーフォンユニットが発表されました。
型番はVE-SP1で6月に発売予定とアイコムはアナウンスしています。

事業継続性計画にも有効です

VE-SP1を語る上でのキーワードが「事業継続性計画}略してBCP(Business Continuity Plan)と呼ばれるものです。
法人や団体などの拠点が被災した場合、いかにして事業そのものを継続するかがビジネスとしての鍵になります。
そんなとき、VE-SP1を使って、生き残った拠点と連絡することによって、被災した拠点を立て直しを行いますが、音声での会議に最適なアイテムとなっています。
もちろん、災害時だけではなくて、イベント会場など、特別にネット回線を設置する必要のないIPトランシーバーを使って気軽に音声会議システムを構築することが可能となっています。

携帯電話網のデータ回線帯域を使用するIPトランシーバーだけに、災害時は音声帯域の通信規制の影響を受けることもなく円滑なコミュニケーションが可能です。
更にIPトランシーバーの充電台としての機能もあるので、日常的に使用することも可能です。
災害時だけではなく、イベント運営時など、常に複数の拠点間でのコミュニケーションや情報共有が必要な業種の方向けにも開発されています。
これからIP無線の活躍する機会はますます増加していきます。
今後は更にIP無線機の周辺機器も増えていくのだろうと思います。

<主な特徴>
・電源の場所を問わずに使える、乾電池での運用に対応。

・複数拠点からの音声を出力し、全員がその場にいるかのようなリアルタイムの情報伝達を実現。

・携帯電話のデータ帯域回線でつながるから、通話エリアは日本全国、災害時もつながりやすい(※各携帯電話回線の電波到達距離が通信エリアです)。

・持ち運びしやすい、小型・軽量のスピーカーフォンユニット。

・騒がしい場所でも鮮明に聞こえる大音量(1.1W)出力。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク