ダイヤモンドからIC-DRC1用アンテナが発表

デジ簡用のモービルアンテナのAZ350Rや、高性能ハンディーホイップのSRH350DH等でおなじみのダイヤモンド(第一電波工業)から、デジタル小電力コミュニティ無線用のハンディーホイップが発表になりました。

型番はSRH140DH

今回発表されたアンテナの型番はSRH140DHです。
規格は以下の通りです。

●周波数:142/146MHz
●形 式:1/4λ 単一型
●利 得:2.14dBi
●インピーダンス:50Ω
●全 長:約360mm
●重 量:約15g
●接 栓:SMA-P
●定 価:4800円+税
●発売時期:2018年12月下旬(予定)
※1mmのゴム製スペーサーが付属予定とのことです。


▲アイコム純正アンテナとは違ってスリムなエレメントなので持ち運びも便利そうです。

SRH140DHの開発にあたっては、すでにハムフェアくらいから進めていたようで、最終的な調整については、現時点(原稿執筆時)で唯一の無線機である、アイコムのIC-DRC1を用いて微調整を行っていたという情報が入っています。
通常では難しいとされている142~146MHzという4MHzにも及ぶ帯域のバンドエッジによるアンテナの性能低下をダイヤモンド独自のノウハウで解消した製品に仕上がっています。
アンテナだけに見た目の派手さはありませんが、1/4λでありながらIC-DRC1に付属している純正アンテナと一線を画す性能を持っていました。
アンテナエレメントもスリムで、アイコムの純正アンテナと付け替えるだけで、IC-DRC1がさらにスタイリッシュに変わると思います。
貴局のIC-DRC1のお供にSRH140DHの購入を検討されてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク