相模原・軍用無線秋季キャンプ2018に行ってきたので報告

2018年10月20、21日に開催された相模原・軍用無線秋季キャンプに行ってきたので、早速報告してみたいと思います。
今回は無線関連の出品にフォーカスして紹介しますので、軍装品やユニフォーム、その他の車両といったものについては紹介していません。
あと、無線機器については軍用機なので詳しいことが分かりませんので写真での紹介にとどめようと思います。
詳細をご存知の方はフリラjpまで教えてください。

軍用無線機がたくさん!


▲写真1:可搬型の無線機のようです。


▲写真2:写真1と同じタイプでしょうか?プラケースに入れて運ばれてきたようです。


▲写真3:テンキーを備えている通信機のようです。メモリーか何かの操作に使用するものでしょうか?


▲写真4:小型の通信機のようです。右に見えるのはアンテナでしょうか?


▲写真5:特徴的なアンテナとハンディータイプの無線機でしょうか?


▲写真6:操作パネルのようにも見えますが…。ハンディー機もあるようです。


▲写真7:ハンディー機が見えます。あとはモービル機でしょうか?ケーブルやヘッドセットも見えます。


▲写真8:車載型というか、何かに搭載されていたと思われる無線機です。カールコードがつながっているのはスピーカーでしょうか?


▲写真9:これはわかりやすい無線機ですね。どうやらSSBモード搭載のようです。


▲写真10:コリンズの受信機が出品されていました。第二次世界担当時のアメリカ海軍の軍艦に搭載されていたものということです。本来であれば、同じデザインの送信機とセットで使用されていたということです。


▲写真11:コリンズの受信を動作させるための自作の電源とのこと。それにしてもソニーのCBトランシーバーが気になります。


▲写真12:受信機のフロントパネルです。海軍で使用されていたことが分かりますね。時代がついていて風格さえ感じます。


▲写真13:オーナーの方が大変協力的気持ちよく、内部の写真も撮影を許可していただけました。ご協力ありがとうございます。古い受信機ですが、周波数安定度もいいというお話です。VFOのバリコンがいい味出してます。持ってみると結構重量があり、フロントパネルに36ポンド(約16.3kg)あるという表記がありました。

動画版はこちらです

相模原・軍用無線秋季キャンプ2018に行ってきたので報告

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク