ラジオハーネスって知ってる?

今回は「ラジオハーネス」の紹介です。
ミリタリーファンや装備品マニア、サバイバルゲームファンならご存知かと思いますが、無線機を装着するためのハンドメイドのハーネスということです。
今まではカメラマンベストやフィッシングベストなどで代用されている方もいらっしゃると思いますが、無線機を装着することに特化したラジオハーネスの方が体にフィットして動きやすいと思います。

大量生産品はこんな感じです。↓

カッコいいぞ!

今回ご紹介するのは「around the ground」というブランドのラジオハーネスの2種類です。

職人の方は無線の知識は無いとおっしゃっていますが、このラジオハーネスを制作するにあたっては、モトローラや、スタンダード、ケンウッドなどの36機種ほどのカタログをチェックしてサイズを決め設計したということです。
無線機はもちろんのこと、ペンやメモ帳、ペットボトルなども収納できるので、これさえあれば、ちょっとした移動運用時の手荷物が少なくなっていいです。

ART No.AGRH-109si

▲無線機が1台だけなら収納力抜群のART No.AGRH-109siがいいですね。

▲ジャケットの上からも着用できます。

ART No.AGRH-109siの基本仕様

ART No.AGRH-109siはトランシーバーホルダーを1組備えたラジオハーネスです。
ラジオハーネスはフロントアジャストと脇のレースアップ、ショルダーテープの調整で幅広い体型の方にフィットします。
・本体重量 約411g
・素材
本体表地
コーデュラ <1000>
ナイロン100%
撥水加工

動画版ではART No.AGRH-109siの多数の写真を掲載しました。

ART No. AGBG-209do

▲ART No. AGBG-209doは無線機が2台持ち運べるのがいいですね。

▲趣味性の高いものは、見た目もかなり重要です。

ART No. AGBG-209doの基本仕様

トランシーバーホルダーを2組備えた多機能ラジオハーネスベストです。
トランシーバーホルダーはトランシーバーの大きさに合わせてアジャスト可能。
フロントアジャストと脇のレースアップ、ショルダーテープの調整で幅広い体型の方にフィットします。
・本体重量 約425g
・素材
本体表地
コーデュラ <1000>
ナイロン100%
撥水加工

動画版ではART No. AGBG-209doの多数の写真を掲載しました。

製品が気になったら職人さんに相談してみよう!

今回紹介しましたラジオハーネスは、大量生産のものではなく、職人の手による一つ一つハンドメイドで作られたものです。
大量生産品にはないデザインと使いやすさを提供してくれる移動運用時の強い味方になってくれることでしょう。

プロが使うガチな業務仕様のラジオハーネスにはない手作りのラジオハーネスが気になったら下記のURLに連絡してみてはいかがでしょうか。

http://www.geocities.jp/around_the_ground/index.html

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク