クイックリリース・ブラケットCLIP-17BをVXD10で使ってみる


▲構造がわかりやすいイラストがこれです。


▲梱包は箱などがなく、ビニール袋の簡易梱包です。


▲ベルトに取り付ける部分と、本体に取り付ける部分の2つのパーツで構成されています。本体に取り付けるパーツを留めるネジも付属していました。


▲ベルトに取り付けるクリップ部の大きさはこんな感じです。


▲VXD10の付属品のベルトクリップはこんな感じ本体に取り付けられています。純正ベルトクリップをしたまま運用すると、ベルトクリップの分だけ、手に持った時に厚みが出てしまうので、持ちにくいのは否めない。


▲純正ベルトクリップから、CLIP-17Bの本体取り付けパーツに換装しました。持った感じも純正ベルトクリップよりも小型のため運用しやすい感じがしました。


▲CLIP-17Bのベルトに取り付けるパーツを実際にベルトにつけてみました。


▲カチッ、と音がするまで本体を下げるとロックされるので本体が外れることはありません。激しい動きでも安心して無線運用に専念できます。


▲取り外しは、ベルトに取り付けるパーツの上部にあるリリースレバーを下げるだけ、もちろん片手で操作できるので、素早く無線機を取り外してオペレートすることができます。

使った感じは?

VXD20の純正オプションとして発売されたCLIP-17Bを今回はVXD10で使用してみましたが、問題なく取り付けられ、使用感も非常に良かったので紹介します。
純正ベルトクリップから、取り換えて使ってみましたが、本体も持ちやすくなって運用しやすくなりました。
実際に使ってみるまでは、本体を支えているだけだと思っていたため、まさかロック機構がついているとは思ってもいませんでしたが、ロック機構のため激しい動きでも無線機が外れることはないため安心して無線運用にせんねできることがわかって安心しました。
購入については、アマチュア無線ショップなどでは在庫している販売店が少ないようなので、今回は通販を利用して購入しました。
販売価格も約2000円ほどなので、是非購入の検討をお勧めします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク