フリラ思考でQSOしよう

アマチュア無線を楽しんでいる方であれば、自宅にアンテナを設置して快適にQSO(交信)をしている方も多いと思います。

大きなアンテナはQSOの範囲を広げるだけでなく、アマチュア無線家のステイタスになっていることは、アマチュア無線家ならご存知と思います。

最近ではデジタル簡易無線(デジ簡-DCR)も外部アンテナが認められていますので、自宅に外部アンテナを設置する方も増えているようです。

スポンサーリンク

フリラ思考ってなに?

フリラ愛好家(CBer)の方であってもアマチュア無線歴が長いと外部アンテナについて「アマチュア無線家思考」でQSOを考えがちになってしまいます。

アマチュア無線を楽しむ分には全く問題ないのですが、フリラのQSOとなると話は別問題となります。

そもそも、フリラで外部アンテナが許されているのはデジ簡だけです。

この外部アンテナの魅力に惹かれて、アマチュア無線の新しいバンドの一つとしてデジ簡を始める方も最近では見受けられます。

新しくデジ簡を始められる方は大歓迎ですが、自宅で快適に楽しみたいが、外部アンテナなどの設備を揃えるのに予算の捻出が難しいと仰る方が増えているようです。

そんな方には「フリラ思考の開局」をお勧めします。

交信局数は足で稼ぐ!

基本的にフリラの局数はまだまだ少ないのが現状です。

アマチュア無線であれば、ある程度の設備があれば多くの相手とQSOが楽しめます。

ですがフリラとなると相手局を探すのが大変です。

フリラを楽しむCBerの多くは移動運用をメインにQSOを楽しいでいるため、外部アンテナを使用して自宅から楽しんでいる方はごく少数となります。

ある意味、ハンディー機が1台あればフリラは手軽にはじめられるのです。

設備に囚われず、まずは散歩を兼ねて、ハンディー機1台からフリラを始めてみませんか。

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?
スポンサーリンク
スポンサーリンク