ダイヤモンドからデジ簡の「ブラックタイプ」モービルホイップが2機種発表!

第一電波から、デジ間用の「ブラックタイプ」のモービルホイップが、ロングタイプとショートタイプの2機種発表になりました。
すでに、先日開催されたハムフェア2022で、ひっそりと展示されていたブラックタイプのモービルアンテナですが、いよいよ製品として発表になりました。

●機種名:AZ350RB(ロングタイプ)
 価格:10,780円(税込)
 空中整形式:1/2λ2段ノンラジアル・5.15dBi
 全長:約0.95cm・130g

●機種名:AZ350SB(ショートタイプ)
 価格:8,910円(税込)
 空中整形式:3/4λノンラジアル・3.65dBi
 全長:約0.55cm・75g

発売予定日は、両タイプとも2023年1月を予定しています。

スポンサーリンク

ダイヤモンドのデジ間用モビホとして初のブラックタイプ

今回発表された「AZ350RB」と「AZ350SB」はダイヤモンドのデジ間用のモービルホイップとしては、初のブラックタイプとなります。
他社ではすでにブラックタイプのデジ間用のモビホはいくつかリリースされていますが、ダイヤモンドも満を持してのブラックタイプの発表です。

AZ350RB


▲長いタイプのAZ350RB(写真をクリックすると大きな画像が表示されます)


▲車に取り付けたイメージ写真です。

AZ350SB


▲短いタイプのAZ350SB(写真をクリックすると大きな画像が表示されます)


▲実際にAZ350SBを車に取り付けたイメージ写真

気になった方は販売店にお問い合わせください

今回は発表となった、AZ350RBとAZ350SBの販売時期や具体的な販売価格は、ダイヤモンド製品を扱っている販売店にお問い合わせください。
販売店にも、ダイヤモンドの営業マンが製品の案内が行っていますので、すでに予約を受けつつけているところもあるかもしれません。
なる早でほしい人は、予約してみてはいかがでしょうか?

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2,053人の購読者に加わりましょう
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク