ハムフェア2022に初出展!測定器のRIGOLの製品はコスパ半端ない

昨年のハムフェア2021に参加申し込みをしておきながらも、ハムフェア2021が中止になってしまい参加の機会が無かった測定器メーカーの「RIGOL」(リゴル)ですが、ハムフェア2022では出展を見ることができそうです。
ハムフェア直前ですが、ROGOLのコスパが高い製品を紹介していこうと思います。

スポンサーリンク

アマゾンでメチャ売れてるらしい

正直言って、RIGOLと聞いてもピンとこない方も多いと思います。
中華系の測定器メーカーで、電気自動車メーカーのテスラモーターやapple社などでも導入されているという新しいメーカーです。
リアル店舗の販売でも扱っている所も増えているようですが、RIGOL製品を一番販売している業者は「アマゾン」と言うことで、通販をメインに売れまくってるらしい、ということです。

数ある製品の中でも売れ筋が「DS1202Z-E」というデジタルオシロスコープで、50,000演題で購入できることから、電子工作ファンに評判が良く売れていると言うことです。

▲DS-1202Z-E

オシロスコープの使い方【RIGOL DS1202Z-E】

ハムフェア会場では、その他の機種も展示されるようなので、ハムフェアに参加される方はぜひ「RIGOL」のブースを訪れてみては如何でしょうか?

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2,053人の購読者に加わりましょう
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク